最終手段の手術 | 外反母趾の治療をして健康的な歩行をしよう

外反母趾の治療をして健康的な歩行をしよう

最終手段の手術

症状がひどい場合

症状があまりにもひどく、自分での治療が困難な場合であれば、最終手段として手術治療を行います。
外反母趾の手術を行う人は、ほとんどの人が日常生活に支障をきたすレベルまで外反母趾が進行してしまっています。
近年の手術治療では医療の進歩により、短時間で治療を済ますことが可能になっています。
早い人であれば日帰りで手術を行うことができます。
手術を行った場合、自分で治療を進める場合に比べると時間がかからずに外反母趾を治すことができます。
しかしながら、やはり費用やリスクを伴う場合もあるので、そういった点も理解した上で外反母趾の手術をする必要があります。

注意する

外反母趾の手術においては、やはりメスを入れて治療をすることが必要不可欠であるため、局所麻酔をしていても多少の痛みを伴うことを理解しておく必要があります。
また、手術後のアフターケアも非常に重要で、このケアを怠ると手術後しばらく歩行に影響を及ぼす場合もあります。
外反母趾手術は、日頃の生活を変えても治すことができなかった人の最終手段になるので、手術について理解しておくことが大切です。
外反母趾を早く治したいから、発覚した時にすぐに手術を考えるのではなく、まずは自分でできることから初めて行くことが大切です。
手術を行う際には、医師や家族とじっくり相談して決めると良いでしょう。
外反母趾の手術をしたからといって、手術後にハイヒールや足を圧迫する行動ができるようになったというわけではありません。
治っても、再び外反母趾にならないように足の健康状態を保つ必要があります。