生活を改善する | 外反母趾の治療をして健康的な歩行をしよう

外反母趾の治療をして健康的な歩行をしよう

生活を改善する

正しい歩き方を

外反母趾は骨の動きや関節の歪みも影響してくるので、日頃から正しい歩き方を意識する必要があります。
正しい歩き方をしないと、外反母趾だけではなく腰痛などの症状がでてくる場合もあります。
治療をすることも大切ですが、まずは外反母趾にならないように予防を考えることも大切です。
正しい歩行をするときには、重心のバランスが非常に大切といわれており、かかとから足の親指、その後足の小指という順に重心を移動させて歩きます。
この歩き方を続けることによって、重心のバランスを整えることができ、外反母趾の予防に加えて治療にも役立ちます。
正しい歩き方に加えて、まっすぐとした姿勢で歩行をすることを心がけると良いでしょう

自分に合う靴を

ハイヒールを履くことは、外反母趾の原因といわれていますが、ハイヒールを履いた人全員が外反母趾になるというわけではありません。
普段ハイヒールを履いているのにも関わらず外反母趾でない人は、遺伝的なものに加えて、自分の足に合ったハイヒールを選んでいるからと言えます。
もし日頃ハイヒールを履いていて、少しでも足の指が痛い、歩きづらいというのであれば靴選びをもう一度きちんと行う必要があります。
正しい靴選びが治療を効果的にさせるもっとも良い方法です。
いくら治療を毎日つづけていても、自分の足にあっていない靴を履き続けていると治療の意味がなくなってしまいます。
もし気に入った靴のサイズが合わない、足に違和感があるというのであればインソールで調整してみるのが良いでしょう。
インソールを入れることによって足の不具合が解消されることも多くあるので、治療にも効果的です。